介護食・嚥下食の総合情報サイト「嚥下食ドットコム」がお届けする在宅向け専用サイトです

(1)-2)大きさではなく固さがポイント

(1)-2)大きさではなく固さがポイント

やわらかい料理イメージ嚥下障がい者にとって、1㎝きざみ、5㎜きざみといった「きざみ食」はとても食べにくいものです。大きさより硬さを工夫することが大切です。

硬さにも、噛み切らなければならないものから歯茎で噛めるもの、舌でもつぶせるものなどいろいろとあります。煮る・蒸すといった調理を中心に、加熱時間を長くすることや圧力鍋を使用することなどで、柔らかく調理できます。

たとえば、切り干し大根の煮物も20分かけて煮ると食べられるようになりますが、さらに20分加熱することで咀嚼機能が低下した人にも食べやすくなります。もちろん、加熱だけがすべてではなく刺身や皮むき房なし果物、皮なしトマトなどは、上手に工夫することでおいしく食べることができます。

お問い合わせはこちらから TEL 03-6273-3815 受付時間 9:30 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP