介護食・嚥下食の総合情報サイト「嚥下食ドットコム」がお届けする在宅向け専用サイトです

(2)食べるプロセス

(2)食べるプロセス

人は、以下のプロセスを経て食べ物を胃まで送ります。

認知と摂食行動
認知する

食べ物を見て、過去の記憶等をベースに食感や味覚、温度や硬さ等を想像してどのように食べるかを決めます。(認知)
その後、手または箸やスプーン等を使って口元まで運びます。(摂食行動)

捕食(口への食べ物の取り込み)
口をあけて食べ物を口の中に取り込みます。取り込んだ後はしっかりと唇を閉じて食べ物をつかんだり前歯等で噛み切ったりします。(捕食)
咀嚼と食塊形成
咀嚼

口の中で、硬さや温度、味を感じながら咀嚼し(噛み砕き)ます。歯だけでなく舌・唇・頬・顎を連動させて唾液と混ぜながら飲み込みやすい食塊を作ります。

食塊移送(咽喉への送り込み)
送り込み

飲み込みやすい食塊を形成したら、舌を使って咽頭(のど)へ送り込みます。

飲み込み(嚥下反射)
ごっくん

咽頭(のど)に食べ物が送られると嚥下反射が起こり、約0.6秒のうちに喉頭から食道へ入っていきます。この瞬間は呼吸を止めていて、鼻や気管へ食べ物が入らないように弁で蓋をします。

この時、タイミングが合わず誤って気管へ食べ物が入ってしまうことを「誤嚥(ごえん)」と言います。

食道通過
食道通過

食塊は、食道の蠕動(ぜんどう)運動によって胃へ運ばれます。食べ物が胃に届くと食べ物が逆流しないように胃の入り口は閉じられます。

飲み込みの瞬間を確認するには?

のどぼとけを確認

①中指でのどぼとけを触ります。
②唾をゴクンと飲み込んでみます。
⇒のどぼとけが上下します。これが飲み込みの動作です。

おせんべいとゼリーの食べ比べ

せんべい

人は無意識のうちにどのように食べるのかを決めています。
堅いおせんべいは、奥歯を使ってしっかりと噛みながら唾液と混ぜ合わせて飲み込みやす食塊を作ります。一方、ゼリーは歯でかむのではなく、舌を使って押しつぶすように食べます。
⇒食べ物によって噛み方は異なります。
⇒飲み込むときには、しっかりと口唇が閉じています。

お問い合わせはこちらから TEL 03-6273-3815 受付時間 9:30 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP